TUMBLRTTERIA。

オモシロイ、カッコイイ、カワイイにビンカンにハンノウします。

"子供の頃、ある老賢者から「ほんとに悪いやつは、まったく悪く見えないようにしているものだよ。それどころか、みんなに感謝されている。信じられないだろう? でも、ほんとのことだ。いまにわかる」と吹き込まれた。「わかったときには、もうそこにはいないんだけどね」と話は締めくくられていた。"

Twitter / wayofthewind

Say Hello To Everybody 
Tumblr / Twitter

(via sayhellotoeverywords)

(via kuriz)

— 1 month ago with 724 notes
"だから!「スマホ」じゃなくて「スマフォ」だろ?!
『スマフォ』はスマートフォンの略、『スマホ』は「すまないホモ以外は帰ってくれないか」の略だって何度言えば……"
— 1 month ago with 425 notes
"穏やかに生きるには二つのルールがある。一、小さいことにくよくよするな。二、すべては小さなことだ。"
— 1 month ago with 1159 notes
"

173 名前:774RR[] 投稿日:2008/11/09(日) 00:18:41 ID:veG3uxs+

人事 「大学時代の専攻と今の仕事は違うようですが?」
やる夫「おまえは人事学部を卒業したのか?」

"
— 1 month ago with 1227 notes
"口喧嘩は「なんで?」「なんで?」と言っていれば必ず勝てる。

だから「なんで?」しか聞かないひとは喧嘩を売っているものとみておおむね間違いない。"
(引用元、サービス終了につき消失) (via mcsgsym)

(Source: feecle.jp, via katoyuu)

— 1 month ago with 3442 notes
"あなたに対して責任があるはずの世代が、あなたに責任を取らせている"
— 1 month ago with 1011 notes
"嵐の過ぎるのを待つのではなく
雨の中でも踊るのが人生なのです"
ベニシアさん (via ebreday-words)

(via soramugi)

— 2 months ago with 2272 notes
"子供の頃、ある老賢者から「ほんとに悪いやつは、まったく悪く見えないようにしているものだよ。それどころか、みんなに感謝されている。信じられないだろう? でも、ほんとのことだ。いまにわかる」と吹き込まれた。「わかったときには、もうそこにはいないんだけどね」と話は締めくくられていた。"

Twitter / wayofthewind

Say Hello To Everybody 
Tumblr / Twitter

(via sayhellotoeverywords)

(via deli-hell-me)

— 2 months ago with 724 notes
"6歳の娘に、45年に一度の大雪らしいから遊んでおけ、と言ったら、「私は45年経ったらまた見られるけど、お父さんは生きてるかわからないんだからお父さんこそ遊んでおいたら」と言われ、ぐうの音も出ず、感慨に浸りながら雪だるまを作りました"
— 2 months ago with 1460 notes
"ワシが好かんのは、この世に「失礼」をたくさん増やして居心地悪くしている連中だ。マナーってのはお互いが心地よくいるためのものであって、無意味で疲れるだけの気遣いを増やすのは馬鹿のやることだ。"
— 2 months ago with 539 notes
"

171 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2009/05/13(水) 22:05:54 ID:yGkKVEjE0
俺のバイクが盗まれたんだ。
傷だらけだったけど、まあ、ほぼ無事ってやつだ。
犯人は工房だった。もう、みたまんま不良という感じね。近所でもちょいちょい見かけていた奴でね。
盗んだバイクで走り出して、スピード違反で捕まったらしい。
バイク自体は警察から帰ってきたんだけど、工房本人はふた月ほどしてからオカンと同伴で
謝罪に来た。
といっても本人はほとんど顔を背けていたばっかだったけど、許したんだよ。
修理代も弁償するって、とりあえず4万円持ってきた。
よれよれの諭吉三枚とあとは五千円と千円の、一応札束wwww
後日、予定を明けてあらためて一人で来い、って言って、その日はそれでおしまい。
翌々日、ちゃんと一人で来て、ぼそぼそと謝る工房に洗車を手伝わせて、ワックスが乾くのを
待ってる間に家に上げたんだ。
それで、新品のヘルメットとプロテクタを渡した。工房のオカンの金で買ったやつね。
ワックス拭き取ってから工房を後ろに乗っけて峠行って、海へ行って、とにかく走り回った。
それから半年もたたないうちに、工房は二輪免許を取得することができて、報告にきたんだよ。
教習所での装備もプレゼントした一式を使ってたらしい。
あんまり嬉しそうにしてたから、「じゃあ、ときどきバイク貸してやんよwww」って言ったら、
ぽろぽろ泣き出してさ。
俺のバイクを盗んだことを、ちゃんと真正面から謝ったんだ。
ヤンキーっぽさは抜けきってなかったけど、洗車も手伝うし、バイク借りて返すときもちゃんと
ガソリン満タンにしてるし、なにより丁寧に乗ってる様子はわかった。
それからバイトで貯めた金で自分のバイクを買って、ときどきオカンを後ろに乗せて走る姿を
見ることができた。
オカン、顔がこわばってたけど。
バイクは、アクセル回すだけで人間の力を簡単に超えることができるし、自分をどこか別の場所へ
連れて行ってくれる気がする。
その高揚感は犯罪の領域に簡単に入ることができるわけだけど、
少なくともこの工房にとっては、それほど悪くない場所へ連れてってくれたんだと思う。
俺のバイクGJ!!!
で、しばらく連絡なかったんだけど、その工房から今度結婚するからきておくれって手紙が来たんだ。

なんか嬉しくなったからここに書き留めておく。

"
— 2 months ago with 1307 notes
"タクシーは乗る側も乗せる側も「拾った」って言うけどほんとはどっちが落ちてたんだろう"
Twitter / penimama (via 774)

(Source: 774, via mug-g)

— 3 months ago with 1999 notes
"「いやー、俺は暴れませんけど誰か暴れませんかね!本当!!(チラッチラッ」みたいな投稿を震災後から本当に大量に見る"
— 3 months ago with 384 notes